長野県埋蔵文化財センター30周年企画展として「掘ってわかった信州の歴史」展が、7月13日~8月4日までを会期として当館の美術展示ホールで開催されました。

例年この時期に行われるため考古学ファンにとっては待望の展示となりました。それもそのはず重要文化財はもちろん、数々の貴重な出土品を一堂に会した企画展でした。

アンケートは約25%にあたる方々にご協力いただきました。その一部をご報告させていただきます。

●展覧会の内容については、「たいへんよい」もしくは「よい」と答えられた方々は87%と高率でした。その理由は、古い時代のものが観られてよかった。解説パネルが解りやすかった―というものです。

●御意見・御要望としては、時代背景の歴史的事象の説明文や全体の年表へのご要望がありました。

また、照明について暗いというご指摘がございました。

文化財の展示に対する照明規制のことであることを周知するなど、各種御意見・御要望をしっかり受け止め、来年に活かしたいと考えております。

ご来場の皆さま、アンケートにご協力いただきました皆さまに感謝申し上げます。