「ネクスト:信州新世代のアーティスト展 2013」が、2014年1月18日から2月2日に開催されました。来場者アンケートでは、9割を超える方が展覧会の内容に満足(大変良い65%、よい31%)という結果でした。
榊原澄人さんの360度で展開するアニメーション、下平千夏さんの輪ゴムを使ったインスタレーション、轟理歩さんの「おぶせ まちじゅう図書館」のアートディレクションや「ねずこん」デザインなど、ジャンルの異なる、質の高い作品がそろい、「新鮮で楽しめる内容」「地元で良質のアート&デザイン若手の作品展示を拝見でき、よかった。」などの感想をいただきました。
ネクスト展は、今回で第4回となり、「第1回から来ていて、毎年楽しみにしております。」などのご意見も多数いただきました。
また、「すばらしい作品だし、地元の方々をもっと大きく宣伝したら良いと思った。」とのご指摘もいただきました。
皆様のご意見を参考に、今後の事業をよりよいものにしていきたいと思います。ご来場いただき、また、アンケートにお答えいただき、ありがとうございました。

next2013

ネクスト2013展 長野県伊那文化会館での展示風景(撮影:大井川茂)