この度、6月1日づけで伊那文化会館館長に就任しました宮澤です。
私は伊那というところに以前から大変親しみを持っていました。と言いますのは30数年前からお隣の木曽福島音楽祭に演奏家として、また演奏を辞めた後も裏方としてお手伝いをしていました。以前飯田で行われていました「アフィニス夏の音楽祭」にも全国のオーケストラ事務局長が集まり会議を開いたり、コンサートを聴いたり、楽員達を励ます年中行事として訪れていました。そんな時代があったからとても懐かしい所です。今回は文化会館の館長として地域の文化水準をより一層高め、豊かな人間形成の一端を担う役目を仰せつかったと思っています。地域に密着した芸能も盛んと聞いております。文化会館を拠点とし、あらゆる芸能芸術に数多く触れていただくことで「文化の香り高い街」として活性化することを期待しています。文化は世界共通語と認識しています。世界に通じる伊那、素敵とは思いませんか?

長野県伊那文化会館 館長 宮澤 敏夫