美術展示ホールでは「子どもたちの書初め書道展」が、

2月21日(土)~3月1日(日)までの日程で始まりました!

今年は上伊那地域及び松川町管内の小学校5、6年生から応募いただいた作品394点が展示されています。

 

初日には、オープニングセレモニーと

「中村不折賞」をはじめ各賞受賞者66名への表彰式が行われました。

DSC_4943

DSC_4954 DSC_4971

この書道展は地域の偉人である中村不折の功績をより多くの人に知ってもらい、書道芸術への関心を高めてもらう目的で昨年から始まりました。

書初め書道展の実行委員長で上伊那書道協会会長の池上信子さんは、

今回展示された子供たちの作品に対して「力強い作品が多く見応えがある。子どもたちには自分の作品や友達の作品を見る中で何かを感じてもらえたら嬉しい」とお話しされていました。

DSC_4982 DSC_4981 DSC_4985

 

こちらが中村不折賞に輝いた作品。

DSC_4987

 

中嶋珠久さんは「大きくのびのびと書けるように頑張って練習したので、賞をとれてうれしい」と笑顔を見せてくれました。

 

「第二回 伊那谷で育った中村不折に続け!子どもたちの書初め書道展」は

2月21日(土)~3月1日(日)9:00~17:00(最終日のみ16:00まで)

の日程で開催中です。

この機会にぜひお越しください!