まだ幼かった頃、科学戦隊ダイナマンのショーを見て発熱したことがありました。風邪だったのかもしれませんが、母曰く、興奮と緊張が絶頂に達した結果とのこと。どちらにしろ、テレビ画面を通じて客観的に見ていた世界が目の前に現れたことで、ヒーローと同じ世界に生きている錯覚に包まれ、体が熱くなるほどワクワクしたことは事実でした。大学時代殺陣に没頭し、斬られ役としてテレビ出演できたのは、あの体験があったからかもしれません。

6月9日に海外オーケストラのコンサートが行われます。曲目はラフマニノフピアノ協奏曲第2番を予定。中高生の皆さんにとって、その後の人生を変える体験が待っているかもしれません。学生券は通常の半額。ぜひご家族でお誘い合わせください。お待ちしております。