当館が所有する最高級のピアノを地域の皆さんに気軽に弾いてもらい“プロの音楽家気分”を味わってもらう企画が5月22日(金)、23日(土)の2日間開催され、24組の皆さんに参加いただきました。

DSC_5528

この企画は、毎回参加申し込み開始からすぐに予約が埋まってしまう人気企画で今回も、5日でいっぱいになってしまいました。
参加者の中には松本や飯田からお越しいただく方もいて「1時間じゃ足りない」という声も多く聞かれました。
今後も多くの方に楽しんでもらえるよう参考にさせていただきます。
ご参加いただいた皆さんありがとうございました!

《参加した皆さんの感想 一部抜粋》
「ステージの装飾がキレイで良かった!」
「舞台の上で音が良く楽しかった。また、ピアノを頑張ろうと思った」
「久々に周りを気にせず思い切り弾けました!」
「ベーゼンドルファーはここにしかないのでそれを弾くことが出来る大変貴重な機会でした」
「ホールの音響効果、優れたピアノを弾かせていただき心地よかった」
「1時間以上使えたら嬉しいです」

DSC_5599

今年度は以下の日程で2回目を予定しています。
家では弾けない大きなピアノを思いっきり楽しみたい方、プロの演奏家になった気分でステージで演奏してみたい方、大きなピアノで演奏したことがない方、次回も皆さんのご参加をお待ちしています!

「第2回音楽家気分で音楽家気分でベーゼンドルファー」
日 時  2015年10月9日(金)、10日(土)
※各回各日9:00~21:00の中で希望の1時間
会 場  伊那文化会館 小ホール
参加費  500円
申込期間 9月12日(土)~9月27日(日)

《ベーゼンドルファー Model290“インペリアル”》
音楽の都・ウィーンを代表するベーゼンドルファー社製の名器。スラインウェイ、べヒシュタインと並び世界ピアノ三大名器のひとつとして知られている。特にこの“インペリアル(皇帝)と呼ばれる最上級モデルは標準の88鍵の下に更に弦が張られ、97鍵の鍵盤を持つピアノとして有名である。