毎日、寒~い寒~い日が続いていますが、暦の上では「立春」です。

寒さがあけて春に入る日とされていますから、これから少しずつ春がやってくる準備が始まります。ついお家にこもりがちですが、手袋にマフラー・・・あたたかな服装で日々の変化を探しに出かけてみてはいかがでしょうか。

さて、2月7日(日)に「第10回 信州農村歌舞伎祭」が開催されます。今回は、10周年記念ということで太鼓の祝い打ちやパネル展示で公演を盛り上げます。地域のお母さんたちが手づくりするお弁当も期待!(←要予約です)

また、13日(土)は、中村不折講演会、続いて20日(土)からは、「第3回伊那谷で育った中村不折に続け!子どもたちの書初め書道展」を開催します。いずれも郷土の偉人である中村不折をより多くの人に知ってもらいたいことから企画しました。見て聞いて、子どもたちの作品は、力強く、一生懸命さが伝わってきて見ているだけで元気がもらえる気がします。皆様のご来館を心よりお待ちしています。

 

長野県伊那文化会館 事業課 田中 和枝