当館は昭和63年12月1日の開館から、平成30年12月1日でちょうど30年となります。これまで支えていただいたご利用者の方々と地域の皆様に感謝申し上げます。

開館30周年を記念し、12月9日(日)に歌劇「愛の妙薬」を上演いたします。実力者揃いのソリストに東京シティ・フィルの演奏、伊那地域の方のバレエと合唱の融合、見ごたえたっぷりです。師走のお忙しい時期とは思いますが、ご観劇いただけると幸いです。

また、今年は改修工事の為にお休みしました「信州農村歌舞伎祭」を、来年2月10日に開催いたします。ご好評をいただきまして、今回が十二回目となります。チケットは11月17日より販売しておりますので、是非、お買い求めください。注目を集めている大鹿歌舞伎保存会など、南信地域の3団体の地歌舞伎を、続けてご覧いただくことができます。

プラネタリウムでは、冬の新プログラムが始まります。こちらもお楽しみに。

皆様のご来館を心よりお待ち申し上げます。

長野県伊那文化会館 舞台課 丸山達也