Slide 1
Slide 2
Slide 3
Slide 4
Slide 5
Slide 6
Slide 7
平成23年 第5回公演「玉藻前曦袂 道春館の段」 平成23年 第5回公演「玉藻前曦袂 道春館の段」② 平成26年 第八回公演「鎌倉三代記 三浦別れの段」 平成26年 第八回公演「鎌倉三代記 三浦別れの段」② 平成27年 第九回公演「奥州安達原三段目 袖萩祭文の段」 平成27年 第九回公演「奥州安達原三段目 袖萩祭文の段」② 平成27年 第九回公演「奥州安達原三段目 袖萩祭文の段」③

プロフィール

●300年余年前から、大鹿村の各集落の神社の前宮として舞台で演じられ、今日まで伝承。歴史の変遷中で江戸から明治時代には、歌舞伎上演の禁令は厳しいながら、その弾圧をかいくぐる。村人の暮らしの核として脈々と受け継がれてきた。舞台数も抜きん出ており、幕末から明治にかけては村内に点在する13カ所の神社や御堂の境内には、芝居専用の舞台があったと記録。現在は7つの舞台が残っており、春・秋の定期公演を行っている。平成8年、国選択無形民俗文化財に指定。会員約2,000名、愛好会会員35名。

設 立 日

1957(昭和32)年

住   所

〒399-3502
長野県下伊那郡大鹿村大河原391-2

電   話

大鹿歌舞伎保存会事務局
大鹿村教育委員会
0265-39-2100

会   長

柳島 貞康

年間公演予定

  • 5月3日(憲法記念日) 春の定期公演 大磧神社舞台
  • 10月 第3日曜日 秋季定期公演 市場神社舞台